【ホームステイvs寮】どっちの方がいい?それぞれ経験した私の感想!

留学
この記事は約10分で読めます。

留学を予定している方の中で、ホームステイと寮のどちらがいいかを迷っている人は多いのではないかと思います。

ということで、ホームステイと寮の二つを経験した私がそれぞれのメリットとデメリットを紹介していこうと思います。

おすすめ(PR)

studyIn


StudyIn は、かんたん資料請求というものがあり、メールで資料を受け取ることができるようになっています。もちろん、説明会もありますが、まずは資料請求をして情報を集めることをおすすめします。

ラストリゾート


ラストリゾート は、資料請求をすることや相談をすることができるようになっているのでおすすめです。色々な国の情報も聞くことができるので、こちらを利用してみることをお勧めします!

成功する留学


成功する留学 は、私も利用させていただきました。もちろん、人にはよるとは思いますが、オンラインで相談にも乗ってくださいますし、一度、相談するとメールでも相談を受け付けてくれますし、私の場合は希望すればラインでも相談することができました!

【ホームステイvs寮】どっちの方がいい?

まずは、私のホームステイ事情と寮事情を紹介していこうと思います。

私のホームステイ事情

私は2度のホームステイを経験しました。それぞれの情報をまとめさせていただきました。

  • オーストラリア(2週間)
  • カナダ(約4ヶ月)

オーストラリアは高校1年生の時に高校のグループでの短期留学でした。カナダに関しては、合計8ヶ月の留学に対して、前半をホームステイとして過ごし、後半を寮という滞在方法を利用しました。

それぞれの細かい情報については、後々紹介させていただこうと思います。

ちなみに、ホームステイに関する情報は国や状況によって変化しやすいものなので、詳しい情報はメールで資料請求をする こともできるサービスもあるので、そのようなものを利用することをおすすめします。

メールで受け取り可能!

かんたん資料請求

私の寮事情

寮に関しては、1度だけしか経験していないのですが、カナダで4ヶ月の寮生活をしました。

生活そのものを細かく知りたい人は以下の記事をご覧になってくださると良いかと思いますが、ここでは省略させていただきます。

ホームステイと寮の比較一覧

とりあえず、すぐに確認できるようにホームステイと寮の比較を表にさせていただきました。

あくまで、私が経験したホームステイと寮の比較になっています。

比較内容ホーム
ステイ
学生寮
料金
自由度
生活水準
事前調査
文化
通学
人間関係
楽さ
娯楽
ストレス
インターネット

ちなみに、細かいことは国や家や寮によっても変わりますし、身も蓋もないことを話すと時期によっても変わってくると思うので、細かいことをするなりして、直接情報を得ることをおすすめします。

メールで受け取り可能!

かんたん資料請求

それではなぜ、このような結果になったのかということについて書いていこうと思います。

料金

料金に関しては、ホームステイの方が安く済むことが多くなってくると思われます。というのも、多くの場合、ホームステイでは食事付きにすることができて、自分一人分を作るよりもホームステイ先に作ってもらったほうが安く済みます。

自由度

自由度としては、家庭によって大きく異なるので、必ずと言えるわけではありませんが、寮の方が自由度は高いと思われます。

ホームステイ先の自由度

ホームステイ先の自由度ですが、これは大きく家庭に依存します。私の場合ですと、門限もありませんし、いつ食事をとっても良い形でしたので、比較的に自由が保たれていましたが、友人は時間がしっかり決まっていたりするので、大変であるという話をよく聞きました。

寮の自由度

私の寮に関しては、門限はありませんでした。そして、友人も2人までであれば招待することもできましたので、ホームステイよりは自由であると考えることができるのではないかと思います。

生活水準

生活水準に関しては、ホームステイであれば、その家庭に依存します。しかしながら、寮であれば自分で選ぶことが可能になってきます。

ホームステイ先の生活水準

ホームステイ先の生活水準は基本的にはひどいことにはならないと思います。というのも、それなりの基準が準備されているからのようです。

寮の生活水準

寮の生活水準、特に、食事や飲酒に関しては自分で決めることができるので、心配をする必要はありません。自分で決定することができるので、予算と相談することができます。

事前調査

事前調査に関してなのですが、寮に関しては検索すると内部をYouTubeに残していたりするのですぐに検索に引っかかったりしますが、ホームステイ先に関してはそうはいきません。

ホームステイの事前調査

ホームステイ先に関しては当日に急に変わるようなアクシデントに見舞われることもあります。家庭の事情なので仕方がないので、事前調査は難しいと考える方が良いかと思います。

私のカナダ留学時にもホームステイの到着時にトラブルが発生しました。詳しくは以下の記事をご覧ください。

寮の事前調査

寮の事前調査に関してはかなり簡単に行うことができることは先ほど記載したとおりであり、やはり前もって調べておくと不安は解消されますよね。

文化

文化は違いますが、その違いを学ぶためにも留学をするという人も多いと思います。ということで、どちらの方が文化を知ることができるかというところですが、これはホームステイの方が良いと言えるでしょう。

通学

通学に関しては、これは場合によるので、必ずしもというわけではないのですが、それぞれについて私の意見を紹介していこうと思います。

ホームステイの通学環境

ホームステイの通学環境なのですが、これは大きく人によります。ホームステイ先というのは運なので、すごい近いところに住んでいる人もいましたし、1時間以上かかるようなところに住んでいるという人もいました。

寮の通学環境

寮の通学に関してなのですが、これに関しては選べるので、近い人は徒歩15分なんて人もいたりしました。私も30分程度で到着する量を利用していましたが、通学に関しては寮の方が快適であったと思います。

通学時間は寮の方が短い

通学時間に関しましては、平均すると寮を利用した方が短いと考えられるのではないかと思います。

人間関係

人間関係はホームステイの方が難しい可能性があります。ホームステイ先では立場の違う人たちと共に生活しなくてはならないので、非常に修復困難なことになることもあったりします。

学生とは話しが合う

基本的には同じ立場と言える学生とは基本的に話しが合うのではないかと思います。寮だとルームメイトはほぼ間違いなく学生ですので、良い関係を構築しやすいと思います。

楽さ

楽かどうかというのは総合的な感覚ですので、必ずしもと言えるものではないのですが、寮の方が全体的に生活は楽であったように感じました。

寮の方が楽な理由

寮の方が他人と常に気をつかった会話をする必要がなく、食事の時間やシャワーの時間を自分で決めることができますし、ルールもホームステイに比べるとかなり少ないということが理由として挙げられます。

娯楽

娯楽に関してなのですが、これはホームステイの方が多かったかもしれません。ここでいう娯楽というのは、テレビやゲームのようなものを指します。

ホームステイでは現地での生活に近い

ホームステイ先では、現地の生活に近いところがあるので、現地が先進国であると色々な娯楽があります。

ストレス

ストレスの感じ方は人それぞれなのですが、ここではあくまで私の個人的な感想を書かせていただきます。

ホームステイでのストレス

やはり、現地の生活に近いので、その生活に慣れなくてはなりません。食事や先ほども書いた生活習慣に関してのストレスもあったりします。

寮生活でのストレス

寮生活でのストレスになりますが、私の場合だと一人で生活する時間が長かったりするとストレスを感じたり、しましたが、これといった他のストレスを感じることはありませんでした。

インターネット

インターネットに関してなのですが、これは大きく状況によります。

オーストラリアでの出来事

例えば、私が高校生の時に短期留学したオーストラリアのインターネットは非常に弱く使い勝手の悪いものでした。しかしながら、8年程度昔の話であるため、こちらは状況が変わっていると思います。

カナダでの出来事

カナダではホームステイでも寮でも日本と同等あるいはそれ以上のインターネットを利用することができました。

インターネットは国に依存

インターネットの環境に関しては、国に依存するものであるように感じます。なので、寮かホームステイかはあまり関係ないようにも感じました。

メールで受け取り可能!

かんたん資料請求

結局どっちがおすすめ?

結論として、どっちがおすすめなんだ?と疑問に思った人も多いと思います。

必ずしもというわけではありませんが、どういった人はどっちがおすすめなのかということを少しだけ紹介しておこうと思います。

ホームステイ派

まずホームステイが適している人の特徴を紹介していこうと思います。

現地の生活を経験してみたい

現地の生活を経験したみたいという人にはホームステイがおすすめです。やはり、現地に実際に国籍を持っている人と生活を共にできるため、文化を学ぶことができる機会は多いと思います。

新しい環境で暮らしたい

これまで、日本で生活していると、どこへ行っても基本的には同じような環境にすることができると思います。しかし、国を変えて現地民の家庭で暮らすと新しい環境にならざるを得ないので、そのような経験をしたい方にはおすすめです。

料理が苦手

料理は苦手だけども留学したいという人にはホームステイがおすすめです。というのも、ホームステイ先なら、自炊する必要はなく、何か手伝うことはあったとしても指示通りに料理すればいいだけなので、そこまで大変ではありません。

節約したい

一般に食事付きだったり、月額料金の安さから、ホームステイの方が寮よりも節約できる傾向にあります。

学生寮派

寮がおすすめの人の特徴を紹介していこうと思います。

学生と友達になりたい

寮で生活しているとルームメイトはほぼ間違いなく学生です。しかも同じような環境で生活しているため、否が応でも会話する機会は増えていきます。

自炊したい

現地のスーパーなどをつかって現地の食材で自炊したいという人は寮がおすすめです。ホームステイだとキッチンが使えなかったりするので、自炊したい人には寮をおすすめします。

自由に生活したい

ホームステイと比較すると寮のルールはかなり緩めになっています。なので、自由な生活に憧れている人は寮をおすすめします。

メールで受け取り可能!

かんたん資料請求

おすすめの留学相談先!

留学を少しでもしようと思っているのであれば、無料相談 資料請求 を受け付けているところはたくさんあるので、ぜひご利用ください。おすすめの相談先あるいは資料請求先は以下のものになっています。

StudyIn


StudyIn は、かんたん資料請求というものがあり、メールで資料を受け取ることができるようになっています。もちろん、説明会もありますが、まずは資料請求をして情報を集めることをおすすめします。

ラストリゾート


ラストリゾート は、資料請求をすることや相談をすることができるようになっているのでおすすめです。色々な国の情報も聞くことができるので、こちらを利用してみることをお勧めします!

成功する留学

成功する留学 は、私も利用させていただきました。もちろん、人にはよるとは思いますが、オンラインで相談にも乗ってくださいますし、一度、相談するとメールでも相談を受け付けてくれますし、私の場合は希望すればラインでも相談することができました!