【感想】人気シリーズ『チャート式』の大学線形代数!線形代数の問題集はこれが一番!!

はじめに

今回紹介する参考書は『大学数学のチャート式線形代数編』です。

大学に入ってからも試験や課題に追われますが、入試の時とは異なり、市販の問題集は少ない傾向にあります。

そんな中、大学入試数学の問題集として、高い評価を受けているチャート式が大学数学の線形代数編を出版していました。

現在、理工学部の1年生の私が、使ってみた感想を話していこうと思います。

そもそも、以前は数学Cで学習していた線形代数ですが、現在では高校では数学Cは廃止されています。

なのに、大学の教科書は結構、高校でやったことがある体で解説をしていたりします。

これには困ったものです。

大学の数学では高校程、丁寧に解説をしてくれることは珍しいです。

このことからも、どうしても独学で学習せざるを得ない状況に追い込まれます。

教科書も先生も詳しい解説をしないなら、完全独学、つまり、ネットなり、自分で参考書を買うしかないのです。

ということで、能書きはこの辺にして、『大学数学のチャート式線形代数編』について話していこうと思います。




使ってみた感想

問題の構成自体は高校のチャート式とは大差なく、問題があり、それに対して、細かい解説があるといった感じです。

難関大学に進学した人であればあるほど、参考書や問題集で学習する癖のようなものが染みついていたりするので、とても使いやすく感じるのではないかと思います。

星が1~3個まであり、これは問題の難易度を示しています。

1個ならそこまで難しくはなく、3個なら難しめといった感じですね。

問題の指標は、基本と重要といった二つで構成されていて、比較的に良問がそろっているのではないかと思っています。

解説も文字のフォントを変えたり、色を変えたり、図を用意したりと、とても分かりやすくなっています。

この本の監修には東京工業大学理学院の教授がついているので、内容も嘘や偽りはなく、きちんとしたものであることは間違いないでしょう。ちなみに、加藤文元さんという方です。

まだ、すべての問題を解いたわけではないため、この記事も追加していくつもりなので、更新を楽しみにしていてください。

Author: haruto