【写真あり】猿島の歴史について!神奈川県の観光スポットでもある島の歴史とは!!

こんにちは!

今回は、神奈川県の観光スポットにもされている東京湾唯一の島、猿島について話していこうと思います。

とりあえず、猿島というのは以下のような島です。

東京湾に浮かぶ、唯一の自然島です。 釣り・海水浴・バーベキューなど、四季を通してアウトドア・アクティビティを楽しめます。 面積は横浜スタジアムのグランドの約4倍。 三笠桟橋からの約10分の船旅で、気軽に訪れることができます。 旧日本軍の要塞として、一般人の立ち入りは、終戦まで禁止されていました。 島内には緑深い木々のなか、レンガ積みのトンネルや砲台跡などの旧軍施設が残っていて、ちょっとした探検気分が味わえます。

ここはヨコスカ-猿島公園より

もともと軍によって使われていて、現在では国の遺産として登録されています。

映画『天空の城ラピュタ』を想像させるような風景だそうです。(私はこの映画を見たことがないのでわかりません(笑))

江戸時代から、外国船が日本に入ってこないように、大砲を準備して、攻撃するために会った島だそうで、明治時代も同じような機能を果たしていたそうです。

また、昭和に入れば、戦争では飛行機が用いられたことから、撃ち落とすための大砲もここに配備されていたそうです。

そのような歴史が感じられる島ですが、以下のような風景になっています。

といった具合です。

興味がある方は言ってみてはいかがでしょうか。

詳しい情報へはこちら

Author: haruto