【Z会の通信教育】の感想を元利用者が語る!親として知りたい子供の本音!

Z会といえば、大手教育出版社といったイメージを持っている人も多いのではないかと思います。

まあ、そんなことはさておき、今回はZ会の通信教育がどのようなもので、お父さんお母さんとしても気になるやっている子供の本音と Z会の通信教育について述べていこうと思います。

Z会の通信教育の詳細へはこちら



Z会の通信教育について

Z会の通信教育は、基本的に、教材を進めながら学力向上させるものとなっています。

教材は、毎月配られる形をとっているため、分厚い参考書を1年かけてやるような、昔の浪人生みたいなことをする必要はありません

基本的には、薄めの1ヶ月で終わる分だけを教材として利用し学習していく形になっています。

それでは、小学生、中学生、高校生に分けてに解説していこうと思います

Z会の通信教育の詳細へはこちら



Z会の通信教育:小学生

小学生講座も基本的には1ヶ月に一回届く教材をやっていく形となっています。

2つのレベルに分かれる

2つのレベルが準備されています。

  • スタンダード
  • ハイレベル

このどちらの講座も基本的な教科書レベルと少し応用を混ぜたプラスαの部分が含まれています。

しかしながら、ハイレベルの方はプラスαよりさらに難しい問題が含まれています。

プラスαの難易度は?

これは私の知人の話なのですが、このプラスαをしっかりやり込めれば、難関中高一貫校も結構簡単に合格することができるといわれています。

もちろん、そこまで必要な小学生がどれだけいるのかということを考えると必要ないのかもしれませんが、とりあえず、そのようなこともあるということだけお伝えしておこうと思います。

毎月、添削された答案が返却される?

Z会の通信教育毎月、添削されたテストのようなものが返却されます。

子供にとってはとても大切なことで、子供がやる気になるためには、どうしても勉強したことに対するレスポンスが必要なのです。

これは必ずしもほめることではなく、できなかったときはできないでいいのですが、何かしらの反応がないと、勉強が単純作業かしてしまうので、つまらなくなってしまいます。

レスポンスが必要な理由

考えてみてください。

多くの小学生にはわかりやすい指標となる模試が毎月あったり、定期テストがあったりすることはありません。

また、できるようになっているのかどうかも、自分で気づくことは困難でしょう。

なので、Z会の通信教育ようなレスポンスがある通信教材は子供が勉強好きになるためにはもってこいのものとなるのです。

このような添削に関する情報はZ会の通信教材のサイトを見ていただければわかると思います。

Z会の通信教育の詳細へはこちら



また、小学生用の『進研ゼミ小学講座』と『Z会の通信教育の小学生コース』を比較した記事も書いたので、興味がある方はそちらも覗いてみてください↓↓

中学受験にも対応

中学受験といえば専用の塾に通うことが多いと思うのですが、実はZ会の通信教育でも対応が可能になっています。

Z会は全国から集めた膨大なデータから、最適な勉強法を教えてくれるので塾に行くよりも良い結果を望める可能性はあるでしょう。

苦戦している人へ

いくら良い教材でも、教科書以上のレベルはちょっと難しく感じる人も多いのではないかと思います。

そんな人には進研ゼミをお勧めします。

進研ゼミは、基本的には教科書レベルをしっかりやってくれる教材となっているので、Z会で苦戦しそうな人は最初に進研ゼミから始めてみるのもいいかもしれませんね。

【進研ゼミ小学講座】の詳細へはこちら

進研ゼミの小学講座に関する私の体験談も書いているので、興味がある方はそちらも読んでみてください↓↓

Z会の通信教育の詳細へはこちら

Z会の通信教育:中学生

中学生の講座も1ヶ月づつ分けられて学習していく形となっています。

ここは小学生と同じですが、ここから飛躍的に変わります。

中学生は単元を自由に選べる?

中学生になると、学校によって進む単元の順序が異なったりするため、通信教材に合わせているとテスト対策ができなくなってしまうことがあります。

そんな、不満点をZ会の通信教育は見事に解決してくれています。

自由に単元を選びに学習できるようなシステムを取ることにより、教材と学校の学習のずれをなくしてくれます。

これは内申点がとても重要となってくる中学生にはとてもうれしい話ですよね。

中学1年生から受験対策?

先ほども述べたようにZ会の通信教育は、自由に単元を選んでに学習でき、節目ごとに、その単元の入試問題を出題してくれます。

なので、塾や他の通信教材とは異なり、急速に中学範囲を終わらせて入試対策をするというよりは、単元ごとに入試対策をしてくれるので、無理なく受験勉強をすることができるようなカリキュラムとなっています。

私からすればこれは発明ですね(笑)

AIを使った指導

Z会の通信教育は全国から集めた膨大なデータを独自AIに読み込ませて、生徒に最適なプランを提供してくれます

これにより多くの学生は何を次にすればいいのかということのアドバイスにもなるので、利用価値はとても高いでしょう。

【中学生のZ会の通信教育】AI教育の詳細

受験用入試特訓講座がある?

受験を控えた生徒のために【入試特訓講座】というのも、準備されています。

こちらの、講座では、添削指導もしてくれるので、現時点での自分に何が足りていないのかということを知ることができるようになっています

なので、もし、普段の教材が物足りなくなったとしても、次のステップが準備されているため、ステップアップしやすくなっています

【中学生のためのZ会の通信教育】



Z会の通信教育:高学生

高校生向けのZ会の通信教育はいろいろなコースに分かれているため、すべてを説明することは難しいのですが、一番オーソドックスなコースは、月一回、紙のテキストが配られるものとなっています。

これは中学校や小学校と同じですよね。

しかしながら、いろいろなコースがあるだけにすべての説明をしていると日が暮れてしまうので、詳細はZ会の通信教育に任せさせていただきます。

【Z会 高校生向け】へはこちら

また、Z会が出版している共通テスト対策問題種に関する記事も書いているので、興味がある方は、そちらも読んでみてください↓↓

ネット上でのZ会の通信教育についての声

Z回だけで大学受験すらも突破してしまう人もいます。

このツイートで、紹介されているのは以下の3つですね。

これらの3つについても比較した記事を書こうと思っているので、興味がある方は、大学生新聞ドットネットの記事の更新を楽しみにしていてください(笑)

ちなみに、進研ゼミ小学講座とZ会の通信教育を比較した記事は書いたので、そちらも覗いてみてください。

Z会の通信教育のまとめ

いかがでしょうか。

私が受験生の時にZ会に出会っていれば間違いなく入会したことでしょう。

また、小学生や中学生さらに、高校生にもとてもお勧めできるものとなっているので、合う合わないはおいておいても、とりあえず、調べてみてはいかがでしょうか。

資料請求もできるようになっているので、興味がある方は覗いてみてください。

【Z会の通信教育】資料請求へはこちら

この記事は個人が書いた記事であるため、間違っている可能性もあることを考慮してください。

最後に決めるのはあなたなので、正しい情報をZ会のホームページから見てから入会するようにしましょう。

Z会の通信教育の詳細へはこちら

大学生新聞ドットネットでは他にも多くの記事を更新しています。

興味がある方は、そちらも読んでみてください。

大学生ドットネット記事一覧

Author: haruto