【感想】TOEIC 出る単特急金のセンテンスって結局どうなの?大学生の感想!

はじめに

TOEIC 出る単特急金のセンテンスってどんな参考書なんだ?

TOEIC出る単特急金のセンテンス』といえばTOEIC対策の単語帳としては有名なものです。

TOEIC必出の約1500語を360センテンスに凝縮されていて、TOEICの勉強をするためには重要となる単語の基礎を定着させることができるようになっています。

この本の著者はTEX加藤(テックス かとう)という方で、TOEICを実際に受けて満点を連発している方なので、信用はできるでしょう。

1967年大阪府生まれ。神戸市外国語大学外国語学部英米学科卒業。一般企業での約20年の勤務を経て、2010年、TOEIC TEST講師に転身。現在、専門学校 神田外語学院で専任講師を務める。2008年6月以降、100回以上TOEIC TESTを継続受験し、最新の傾向を授業や著書に反映している。2016年5月の新形式移行後、受験したTOEIC L&R 公開テストで20回連続990点を取得。英検1級。

https://www.amazon.co.jp/TOEIC-TEST-%E5%87%BA%E3%82%8B%E5%8D%98%E7%89%B9%E6%80%A5-%E9%87%91%E3%81%AE%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%B9-%E7%89%B9%E6%80%A5%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA/dp/4023317659より

予備校講師であり、TOEIC満点講師であるモリテツ氏は自身のYouTubeチャンネルで、「TOEICの対策本を購入するのであれば、実際にTOEICを受けている人の本を購入するべきだ」と述べています。

この条件を満たしている本は意外と少ないものです。

しかし、上記の通り、『金のセンテンス』は十分信用できるものとなっています。

ということで、ここから、実際に私が使ってみた感想を話していこうと思います。

金のセンテンスを購入する


おすすめのレベル

どんなに良い参考書でも難しすぎたり簡単すぎたりしたら意味ないよね~
金のセンテンスってどのレベルの人向けの単語集なんだ?

一口にTOEICの単語帳といっても、TOEIC200点の人が400点を取るために学習する単語帳と、800点の人が900点取るために利用する単語帳では全く異なるものになるということは言うまでもないでしょう。

今回紹介している『金のセンテンス』は現時点で、500点以上を取得していて、800点を目指すという方に適しているのではないかと思います。

もちろん、点数は悪いけど、原因が単語ではなく速読であるという人はもっと低いスコアでも、十分ついていけると思います。

しかし、初めから高いレベルの単語帳に手を出してしまうとやる気がなくなってしまいます。

できる単語とできない単語が1:1ぐらいがちょうどいいと思います。

なるほどなるほど

ではここから感想へと移ります。

感想

この単語帳は例文の中に、意図する単語が入っていてそれをまとめたものが下の単語覧に書かれているといった形になっています。

ここからは、良い点と悪い点を紹介!!

良い点

大切な単語とその意味について色分けされていて、その上、赤シートで隠すことができるようになっています。

これにより、通勤通学中に学習を進めることができます。(赤シートは本のサイズに合ったものが付属品としてついてくるので購入する必要はあるません)

また、復習時には一からやらずに上にある例文を読み意味が理解できたら下の単語帳となっている部分は読まなくても何とかなるので学習時間の効率化が見込めます。

つまり、分かっている単語を一つ一つやるのではなく、読み流して、分からないところ、あるいは、詰まったところのみしっかりと読み直すといった勉強法を取ることができるのです。

実はこのような形を取っている参考書のほうが効率よく暗記できる人もいるのです。

というのも、例文を何度も読むことによって例文自体を半分暗記して、そこから単語も覚えていくということで自然な使い方やコロケーションも覚えることにつながることもあるのです。

これは嘘だと思う方が大勢いるのですが、大学入試用の単語帳である『ターゲット1900』という単語帳があるのですが、この単語帳には2つの種類があり、1つは普通に単語があり、その横に日本語が書いてあるもので、もう1つは長文の中に単語が入っていて、長文を何度も読み返すことにより単語を覚えるという形をしたものです。

私が高校生の時、予備校の講師は長文の中に単語が入っているもののほうをお勧めしていました。

その講師は、そちらの方が覚えやすく、一度に多くのことを学習できるといったメリットを熱く語っていました。

なるほど、単語だけが並べられている単語帳が苦手な人にはお勧めってことか~
一つのことを続けることが苦手な人はこの単語帳で決まりかな(笑)
これはメリットととらえるかデメリットととらえるかはその人次第って感じだね~

悪い点

上記の通り、4単語あるいは5単語に一度、例文がついてくるので、単語だけを学習したいという方には厄介かもしれません。

というのも、単語1点集中型の勉強をするには余計な情報が入りすぎていて、効率よく単語の暗記をすることができないと述べる人もいます。

確かに、同じ単語数でも、例文や単語以外の情報を除けば4分の3ぐらいの厚さになりそうな単語帳です。

同じ単語帳でも、上記のようにメリットとなる場合とデメリットとなる場合があります。

もし、あなたが、単語1点集中で他のことはとりあえず、後回しにするという勉強法を取っているのであればもしかしたら、この単語帳はお勧めでないかもしれません。

う~ん、人によってはデメリットの方が大きいかもしれないってことね

結局どうなの?

結局は人によるということですね。

私は、例文が載っていて、単語以外の情報も多く掲載されている方が長続きするうえに得点が伸びるのでこの参考書は重宝していますが、苦手という人がいるのも何となくわかる気がします。

これは、当たり前の話ですが、あなたがどれぐらい英語が好きで、どれぐらい我慢強くて、どのようなタイプの人間なのかというのは私にはわからないため、一概には言えませんが、とりあえず、購入してみるのもいいかもしれません。


まとめ

いかがでしたか?

「英語の学習がどれだけ奥が深いものか」ということ、そして、「人によってタイプが異なる」ということ、「『金のセンテンス』がどのようなタイプの人にお勧めなのか」ということを少しでもわかっていただければ幸いです。

この単語帳で勉強してみようと少しでも思った方はすぐに購入すべきです。

学習するということはとても面倒できつくて厄介なことです。

今すぐ動き出せないとおそらく一生やらなくなってしまいます。

今すぐ、購入して、家に届いたらすぐにやり始めましょう。

そうすれば、学習も長続きするのではないかと思います。

肝心なことは「いづれ」ではなく「今すぐ」ということです。

購入リンク


しかし、ここで一つ注意することがあります。

もしあなたがまだ、高校生であれば、以下の文を読んでから購入するかどうかを決めてください。

一口に、英語の外部試験といっても多くのものがあり、それぞれが別の目的で作っている試験なので試験が変われば学習法も変わってきます。

もし、あなたが大学入試の受験生なのであれば、TOEICではなくTEAPを受験することをお勧めします。

TEAPに関する記事、そして、いま、TOEICではなくTEAPをお勧めしている理由も書いているのでそちらも見てみてください。

TEAPに関する記事へはこちら

Author: haruto