【2021】慶大プレの難易度アンケート結果!!実際の平均点も予想できます!

2021年に行われた、駿台と代ゼミが共催している慶大入試プレの難易度アンケートを教科別に取りました!

ということで、結果を発表していこうと思います。

(画像出典元:Wikipedia)

慶大プレの難易度

実際のアンケート結果を公開していこうと思うのですが、慶大プレは志望学部によって問題が異なったり、教科が変わったりするので、科目は、以下の4つにまとめさせていただきました。

  • 英語
  • 数学
  • 理科
  • 社会

それでは早速行きましょう。

英語

英語のアンケート結果は以下の通りです。

平均点は4割ぐらいになりそうですね。

最頻値は5割ぐらいでしょうが、あまり数学ができなくても合格する学部もあったりしますので、その他に投票した人も結構いますね。

数学

数学は以下のようになりました。

数学はかなり難しかったようです。

平均点は3割ぐらいになりそうです。

確かに、慶大プレと同様に行われている早大プレでも数学に関してはかなり平均点が低くなっていました。

『全然できなかった』

という人もたくさんいるかもしれませんが、あまり気にし過ぎないようにした方がいいかもしれませんね。

みんなもできていなさそうです(笑)

理科

理科は以下のようになりました。

理科はかなり2極化していますね。

できた人はかなりできたし、できない人は全然といった感じのようです。

化学に関しては慶應は融合させてくるので、高校で習っていない範囲が出ると、一発で大問0点になりうるので、差が付きやすい科目となっています。

社会

社会は以下のようになりました。

かなり平均点は高そうですね。

あまりうまくいかなかったという人はかなりヤバいかもです。

まあ、そうはいっても10月時点での学力なので、まだまだ、挽回可能なのであまり、気を落とし過ぎないようにしましょう。

慶大プレの難易度情報:まとめ

いかがでしたか?

かなり、衝撃を受けた人も多いかもしれません。

あまり気にし過ぎないようにした方がいいかもしれませんが、失敗しても成功しても、それなりの分析は役に立つはずです。

頑張ってみてください。

慶大プレに関する記事は他でも書いているので、興味がある方はそちらも読んでみてください↓↓

また、大学生新聞ドットネットでは他にも多くの記事を更新しています。

早大プレや早慶レベル模試、駿台全国模試や河合塾の全統記述模試についても書いているので、興味がある方はそちらも読んでみてください。

大学生新聞ドットネット記事一覧

Author: haruto