【角川】共通テスト予想問題集(KADOKAWA)の難易度は?本番との違いは?

意外と有名ではないかもしれませんが、角川書店(KADOKAWA)が出している共通テスト予想問題集というものがあります。

あまり利用者もいないことから、ネット上に情報が少なくなっています。

ということで、今回は、そんな角川書店が出版している共通テスト予想問題集(KADOKAWA)について、難易度や勉強方法などを踏まえながら、話していこうと思います。

↓↓あわせて読みたい↓↓

共通テスト予想問題集(KADOKAWA)ってどうなの?

それでは、共通テスト予想問題集(KADOKAWA)は、以下の科目が準備されています。

おそらくですが、受験生にとっての主要科目ほとんど網羅されているのではないかと思います。

それでは、共通テスト予想問題集(KADOKAWA)がどのようなものなのかということに少しだけ触れていこうと思います。

共通テスト予想問題集(KADOKAWA)の難易度や問題数について

それでは問題数から先に書いていこうと思います。

共通テスト予想問題集(KADOKAWA)の問題数は?

問題に関しましては、科目によって異なるかもしれませんが、基本的には3回分ついています。

  • 予想問題・第1回
  • 予想問題・第2回
  • 予想問題・第3回

といった感じです。

これらが予想問題となっています。

少ないように感じますが、2回づつぐらいやることを考えるとそこまで少なくはないでしょう。

共通テスト予想問題集(KADOKAWA)の難易度は?

難易度は、ざっくり、本番ぐらいのレベルです。

もちろん、科目によっては、少しだけ本番より難しかったり、簡単だったりすることもあるとは思いますが、それでも大きくは変わらないでしょう。

問題集を使う上での注意点

予想問題集はあくまで予想問題集です。

科目によっては、本番とは傾向が異なったり、難しくなったり、簡単になったりします。

それは仕方がないことです。

仮に、過去問を100年分持っていたとしても、傾向の変化や難易度の変化が起こることは当たり前なので、問題集にだけそのような、理想を求めては酷だということはわかると思います。

ということで、気を付けておかなくてはならないことが、仮に予想問題をかんぺきにしたところで、本番に何が起こるかはわからないということです。

共通テスト予想問題集(KADOKAWA)は信用できる?

信用できると思います。

株式会社KADOKAWAというのは、大手の会社ですし、学習参考書も多く販売されていますし、信用できる予備校の講師が執筆していることがほとんどです。

KADOKAWAが出している問題集は黄色いものが多くなっています。

もちろん、そうでないものもありますが、黄色い参考書を探すと多くが角川書店のものだったりします。

有名なものだと、以下の『世界一わかりやすい過去問シリーズ』でしょう。

やったことがあればわかるのですが、過去問の中では細かく解説がされているものです。

参考書としても有名ですし、実際に書いている人も優秀な予備校講師の方なので、とても信用ができると思います。

解説も細かく、なっているので、もし、すぐに購入することが不安なのであれば、一科目のみ購入してやってみるのもいいかもしれません。

共通テスト予想問題集(KADOKAWA)の特徴は?

共通テスト予想問題集(KADOKAWA)の特徴は、ずばり、解説がしっかりしているところです。

問題数としては1冊あたり3回分なので、Z会や駿台が出している問題集ほどではありません。

しかしながら、解説はどこよりもしっかりしていると思います。

この問題集を使えば、暗記問題(覚えているかどうかで決まる問題)を除いて、解説を読んで理解できないことはないと思います。

いつ頃やるのがおすすめ?

この角川書店が出している共通テスト予想問題集は、解説がしっかりしているので、直前期の数をこなす時期にやることはお勧めできません。

夏休み~11月ごろまでにじっくりと進めることをお勧めします。

もちろん、直前期に問題数が足りないため、やるのもいいのですが、せっかく解説がたくさんあるので、なるべくこれを活用することをお勧めします。

ネット上での声

結構高い評価を受けていますよね。

ネット上に転がっている情報が少なすぎるので、何とも言えませんが、少なくとも私が調べた範囲内では、かなり高い評価を受けているような気がします。

共通テスト予想問題集(KADOKAWA)のまとめ

いかがでしたか?

あまり有名ではない共通テスト予想問題集(KADOKAWA)の解説をさせていただきました。

共通テスト関連の問題集の中ではあまり知名度は、あまり高くないのですが、もし、共通テスト予想問題集(KADOKAWA)が問題を的中させたときのメリットは大きなものとなるでしょう。

ということで、共通テスト予想問題集(KADOKAWA)をやってみることはおすすめです。

大学生新聞ドットネットでは他にも多く共通テストや大学入試に関連する記事を更新しています。

興味がある方はそちらも覗いてみて下さい。

大学生新聞ドットネット入試関連記事

Author: haruto

1 thought on “【角川】共通テスト予想問題集(KADOKAWA)の難易度は?本番との違いは?

Comments are closed.