【吉本所属】レーサー脇阪寿一とは?レース実績や愛車,年収について!

脇阪寿一というレーシングドライバーをご存知でしょうか。

日本モータースポーツ界の中ではトップ3には入るぐらいの有名レーシングドライバーですよね。

ということで今回は、脇阪寿一さんについて、レース実績や気になる年収や愛車に書いていこうと思います。

脇阪寿一とは?

脇阪寿一さんは奈良県出身のレーシングドライバーであり、F1のテストドライバーを務めたり、日本のハコ車のレースの中で一番レベルが高いスーパーGT500のシリーズチャンピオンにも輝いたことのある超一流のレーシングドライバーです。

相性は「寿一(じゅんいち)」ですね。

最近では監督を務めていてTGRアンバサダーも務めています。

いわば、トヨタ自動車のモータースポーツ部門の広告塔といっても過言ではないのではないかと思います。

最近では、自動車の安全のために、ドライブレコーダーの監修をしていたりもします。

脇阪寿一氏監修のドライブレコーダー

オウルテックさんという会社が脇阪寿一さんのチームのスポンサーを務めていることから、このようなオファーがあったのでしょう。

オウルテックという会社は主に充電器やドライブレコーダー、まあ、その他いろいろを販売している会社ですね。

結構多くのドライブレコーダーの監修をしているようです。

それでは脇阪寿一さんのアマチュア時代に遡って、紹介させていただきます。

脇阪寿一のアマチュア時代

そもそも、カートを始めたのは19歳の時で、決して早くはありません。

幼馴染で同様にレーシングドライバーである道上龍さんの勧めもあり始めたようです。

当時、悪いことばっかりやっていた脇阪寿一さんを構成させるために道上龍さんがカートに載せたようです。

という話をトヨタ自動車の会長の前でしている動画がこちら↓↓

ああ、そんな感じでカートを始めたのは意外にも遅い中、日本のトップまで上り詰めていきます。

脇坂純一の若手現役時代

カートを始めたのが遅いので、どうしてもキャリアが遅くなってしまいました。

しかしながら、22歳で全日本F3に乗り、シリーズ6位。

23歳では全日本F3でシリーズチャンピオンを獲得しました。

全日本F3でチャンピオンを獲得するとすぐ上のカテゴリーであるフォーミュラニッポンに呼ばれます。

つまり、日本のトップフォーミュラーにレースを始めてからたった5年で到達します。

その後、フォーミュラーニッポンで1年活躍し、ジョーダン無限ホンダF1のテストドライバーに起用されます。

レースを始めて、たった6年でF1に乗るチャンスが与えられたのです。

今では考えられない高速ステップアップですよね。

脇阪寿一のF1時代

F1で1年テストドライバーを務めたのですが、正式にレギュラーシートを獲得することはありませんでした。

チャンスはあったようなのですが、脇阪寿一さん自身がF1の政治的なことが見えて嫌になったと話されています。

その話は以下の動画で話しているので、興味がある方は見てみてはいかがでしょうか↓↓

といった感じで、世界から日本に帰ってきて、スーパーGTに参戦します。

脇阪寿一のスーパーGT

脇阪寿一さんが日本に帰ってきてから、NSXでスーパーGTで参戦を始めるのですが、上の動画でも話されていたのですが、その時に与えられたNSXがとてつもなく早かったようです。

しかしながら、とてもピーキーな車で、優勝かリタイアといったシーズンを送ったようです。

その後、ホンダからトヨタに移籍します。

ミスタースーパーGTという異名を持っている脇阪寿一さんですが、トヨタのEssoウルトラフロースープラのイメージの人が多いのではないかと思います。

青と白のスープラです。

あの車で、チャンピオンも獲得していたと思います。

今ころから、土屋圭市さんが出演している『ホットバージョン』というビデオマガジンにも出演していました。

このころから、ファンに向けた発言がアスリートらしさから、広告塔らしい面白いものが増えてきます。

日本のトップアスリートが『ホットバージョン』内でふざけているのですごい話ですよね(笑)

その後、トムスに移籍したりしています。

ついに現役引退

どんなスーパーアスリートでも最後には引退します。

その引退式も多くのドライバーが駆けつけて祝う形となっていました。

人望が厚いことがここからも分かりますよね。

チーム監督へ

チーム監督を始めてからも、脇阪寿一節は監督トークショーでもさく裂します。

監督トークショーでの面白い話は聞いたことがある人も多いのではないかと思います。

トヨタのチーム監督ショーは脇阪寿一さんのおかげもあり、ドライバーのトークショーよりも盛り上がることがあるようです(笑)

また、ホットバージョンとも同様に土屋圭市さんともトークショーをやっていて、こちらもすごい人気があります。

ちなみに、土屋圭市さんはARTAで基本的にはホンダのチームなのですが、使っているタイヤがブリジストンなので同じステージに乗っています。

じゅんいちTシャツを土屋圭市に着させる?

じゅんいちTシャツというのがあるのですが、ブリジストンのトークショーでレースでどっちが上の順位を取ることができるかという勝負をして、土屋圭市さんが負けたら『じゅんいちTシャツ着る』といったのですが、本当に来ている動画がYouTubeに残っています。

こんな要求をする脇阪寿一さんもすごいですが、ファンサービスとして着てしまう土屋圭市さんもすごいですよね(笑)

土屋圭市さんに関連することも他の記事で書いているため、興味がある方はそちらも読んでみてください。

ちなみに、ファンを多く作る方法について土屋圭市さんが脇阪寿一さんに話したエピソードも上の記事には書いてあります。

吉本所属のレーサー?

実は脇阪寿一さんは吉本興業に所属しています。

芸人ではないとは思うのですが、ダウンタウンの浜田雅功さんに勧められたそうです(笑)

そのせいもあり、年末に行われる『ガキの使いやあらへんで』では富士スピードウェイで罰ゲームとして、脇阪寿一さんが登場します。

脇阪寿一の時計は?

レーシングドライバーといえば、高級腕時計をよく付けいていますが、もちろん脇阪寿一さんも例外ではありません。

脇阪寿一さんが付けている腕時計を調べたところ、フランクミュラーを着用しているようです。

フランクミュラーは独特な文字盤をしていることで有名ですよね。

実際に脇阪寿一さんのブログでもフランクミュラーを購入したことを述べていました。

ちなみに、脇阪寿一さんが着用しているのは限定ものであるため、楽天やAmazonで購入することはできなくなっています。

脇阪寿一の愛車は?

愛車はたくさんあるようですが、しらべたところ、

  • レクサス・LS460 F SPORT、
  • メルセデス・ベンツ・SL55、
  • トヨタ・ヴェルファイア Executive Lounge、
  • トヨタ・スープラ(JZA80)

の4台のようです。

もちろん、レーシングドライバーなので愛車はどんどん更新されていくと思うので、正しいとは限りませんが、これらの車に乗っていたことは確かなようです。

まとめ

いかがでしたか?

脇阪寿一さんといえば日本でも数少ないトップレベルのレーシングドライバーであり、監督ですが、そんな脇坂さんの意外な一面を知り、驚いた人も少なくないかもしれません。

大学生新聞ドットネットでは他にも多くの記事を更新しています。

とくに、モータースポーツに関連する記事も多く書いているので、興味がある方はそちらも読んでみてください。

モータースポーツ関連記事

大学生新聞ドットネット記事一覧

Author: haruto