【ウェブライティングで稼ぐ方法】KWスクールの評判は?月20万円は可能?

最近では、多くの人がブログをはじめたり、ウェブライターとしての活動を始めてお小遣いを稼いだり、人によっては生計を立ててしまったりしています。

しかしながら、ウェブライターになろうと思ってもライティングスキルが必要であり、初心者の方が手を出すのは意外と難しかったりします。

ということで、今回はライティングスキルが身につくKWスクールについて解説していこうと思います。

KWスクールとは

KWスクールというのは、先ほども少し紹介しましたが、ウェブライティングを身に着けることが可能なスクールとなっています。

現在では、多くのインターネット上のサイトで多くの記事や紹介文があると思いますが、これらの多くはウェブライターと呼ばれる職業の人が書いていたりします。

このウェブライターについては、後ほど、細かく詳細を説明しようと思います。

そんな、ウェブライティングの知識や能力を身に着けるためのスクールがKWスクールとなっています。

KWスクールの評判は?

スクールや商品の評判を見るのにもってこいなのが、Twitterでしょう。

ということで、Twitterで『KWスクール』と検索してみますと、以下のようなツイートが発見できました。

KWスクールの評判は、かなり良いことがうかがえるでしょう。

他にも多くのウェブサイトでKWスクールについて書かれています。

『Twitterの情報では、あてにならない』と思われる方も多いかと思いますので、なぜか、『辛口』で評価しているサイトがあったので、評判についてはそちらをご覧ください。

【辛口評価!】KWスクールの評判はどう?口コミを徹底調査!料金・受講料は

このような好評を得ている理由は何なのでしょう。

無料公開情報が豊富

世の中の多くのスクールと呼ばれているものは、怪しいものが多かったりします。

KWスクールについてもそれを感じる人は多いのではないかと思います。

しかしながら、こちらは、無料で公開されているページおよび、YouTubeの動画なのですが、無料でかなり細かい情報を掲載されています。

この動画は、『WEBライター初心者からすぐに稼いでいる人の共通点5選!』という動画であり、一般公開されているので、ご覧になってみればわかることなのですが、かなり細かく成功させる方法を紹介しています。

私自身、ライターとしての活動もしているのですが、参考になる情報を聞くことができます。

ライターとしての案件を探す方法も紹介

こちらの動画では、『ウェブライターとしてどのように収益を受け取るのか』ということが紹介されています。

ランサーズやクラウドワークス といったオンラインで仕事を受発注できるウェブサービスがあるのですが、そちらで『どのように仕事を受注すればいいのか』ということは、知識がないとかなり厳しいものとなってしまいます。

そのような、ライティングとは直接は関係がないような内容も細かく紹介してくれています。

無料でかなり細かいことが動画として紹介されています。

これだけでもかなり優良な情報なのですが、これが無料であることを考えると有料プランもかなり期待ができるものとなっているのではないでしょうか。

KWスクールではどれぐらい稼げるようになる?

いろいろな情報を公開してくださっているのですが、それでも、『どれぐらい稼げるのかわからなかったら意味がないだろ』といった声が聞こえてきそうなので、それにお答えしておこうと思います。

KWスクールで月20万稼げるようになる?

こちらの動画の通り、KWスクールでは、未経験から月20万円稼ぐ方法を紹介しています。

実際にクラウドワークスでは、一文字1円のライティングのお仕事が紹介されているのですが、その条件であると考えると月に20万文字の記事をかけるようになれば、月収20万円に到達することができるようになっています。

20万文字といわれるとあまりイメージが付きにくいかもしれませんが、私の大学のレポートだと週に一回1万文字とかがあったりします。

これを単純に計算すると、1か月で45000文字書いていることになります。

ということは、バイトしていることを考えると簡単に10万円ぐらいは稼げるようになることがわかると思います。

しかしながら、これには落とし穴があります。

文字単価はライターによって違う

文字単価はライターによって大きく異なってきてしまいます。

私自身、文字単価1円の仕事を受注することは簡単なこととは言えないと思います。

もちろん、文系の大学に通っていて、それなりに能力がある人は簡単に受注することができるかもしれませんが、普通の人はなかなか難しかったりします。

なので、上手く稼ぐためには、スキルを持っておくに越したことはありません。

文字単価を上げるには

そこで、

スキルを上げる→文字単価を上げる

方法を教えてくれるのがKWスクールです。

KWスクールを通して、しっかりとスキルを得ることができれば、文字単価を上げることは可能でしょう。

KWスクール詐欺の可能性はない?

このような、オンラインスクールは詐欺の可能性が怖いですよね。

詐欺の可能性を疑う方のために、KWスクールの詐欺の可能性に触れたサイトがあるのでそちらをご覧ください。

【嘘の口コミ暴露】KWスクールの評判を徹底調査してみました!料金や受講料は?

詐欺というのは、明らかに消費者あるいは被害者とされる人たちからお金をだまし取ったりする行為です。

他人を欺罔し錯誤に陥れさせ、財物を交付させるか、または、財産上不法の利益を得ることによって成立する犯罪(刑法246条)。

というのが詐欺に当たり、10年以下の懲役に処せられます。

詐欺でないにしても、10万円の教材を購入して1万円しか稼げなかったら、9万円の損になりますよね。

詐欺でなくても損はしたくないと考えるでしょう。

では実際のところは、KWスクールに通うと稼げるようになるのでしょうか。

ちなみに、KWスクールを運営している会社の詳細情報は以下のリンクから調べることができるようになっています。

KWスクール運営会社情報

もちろん、サービスの運営元の情報が掲載されているからといって必ず詐欺ではないというわけではありません。

ちゃんとした会社を構えていても詐欺のような行為を行っている団体も存在していることでしょう。

しかしながら、会社の情報をしっかりと知った状態で疑いながらかかれば騙される可能性は少なくなります。

可能な限り、会社の情報を得て、詐欺には引っかからないようにしましょう。

KWスクールに通った方が稼げるようになる?

KWスクールに通うと稼げるようになるようです。

↑↑なぜこのように他人事のように書くかといいますと、この記事だけではあまり信用されないのではないかと思います。

ほかのサイトの力を借りさせていただきますと、以下のようなサイトで紹介されているので、そちらも参考にしてみてください。

KWスクールは稼げない怪しいスクールか?

こちらのサイトでも述べられていますが、稼げるかどうかというのは抽象的な表現であり、人によって感じ方は異なってきてしまいます。

『月1万円のお小遣い稼ぎがしたい』のか、あるいは『月60万円の高所得を得たい』のか。

この二つは大きく異なる願望ですよね。

『月1万円のお小遣い稼ぎがしたい』と思われている方からしたら、確かに月5万円稼げれば、ものすごく稼げたことになりますが、『月60万円の高所得を得たい』稼ぎたいと考えている人からすれば、月5万円しか稼げなければ、稼げないと考えてしまうでしょう。

このように考えてしまうため、世の中には二つの評価に割れてしまうことがあったりします。

もちろん、全体的に悪い評価だったり、世の中的に認められているような詐欺である場合は、間違いなく、よろしくないものである可能性が高いでしょうが、このような評価が非常に抽象的になってしまうもの(特にオンラインスクールのようなもの)は、稼げないという情報が出回りやすいので、気を付ける必要があるのではないかと思います。

稼げるかどうかは、しっかりと自分の目で確かめる必要がありますので、まずは、ホームページで情報を閲覧することから始めてみてはいかがでしょうか。

ホームページの情報は以下のリンクから見れるようになっています。

KWスクール公式サイトへはこちら

KWスクールの公式サイトについて

KWスクールの公式サイトでは、もちろん、KWスクールの活動についてもまとめられています。

しかしながら、それだけではありません。

こちらのサイトでは、KWスクールについての情報も多く掲載されていますが、ほかにも、ライティングスキルに関する情報が大掲載されています。

『ウェブライティングはどれぐらい稼げるのか』
『学生でも稼ぐことは可能なのか』
『ウェブライターのメリットやデメリット』
『月5万円稼ぐためにやるべきこと』
『ウェブライターとして生活はできるのか』
『ウェブライターになるためには』
『どのようにして報酬を得るのか』

といった、ウェブライターについて少しでも興味が出てきた人にとっては当然、思い浮かぶ疑問について答えてくれている記事が沢山あります。

私自身、『ウェブライティングを始めたときにこのページを知っていたら、かなり役に立っただろう』と思うような情報が多く掲載されいます。

まだ、ウェブライティングについて細かく知らない人のには、このサイトの後半にある『ウェブライターになるためには』という見出しのところを読んでいただけるとすぐにわかると思いますが、こちらのKWスクールのウェブページでもウェブライターになるための情報や実際の活動についての実体験も多く掲載されているので、興味がある方は是非読んでみてください。

ウェブライターになるためには

ウェブライターというのは名前の通り、ウェブ上の記事を作成する人たちのことを指します。

聞くと、ブロガーのような怪しいような職業を思い浮かべてしまう方も多いかもしれませんが、決して、そのようなものではありません。

現在ではスキルが必要

現在では、しっかりとしたスキルを持った人たちが多く働いております。

というのも、2000年代ではネット上の記事はあまり役に立たない物や誰が書いているのか怪しいものが多かったりしましたが、最近の有名サイトではライターの名前が最後に書かれていて、誰が書いたのかという責任を負う必要があります。

責任がある→価値がある

ということです。

文化の変化

15年ほど前まではインターネットの記事はあまりあてにしていない人が多かったのですが、最近では、有名な企業の参入や個人の能力が向上したことにより、読者も『どのライターが書いたのか』ということを気にする時代になってきました。

これにより、ライター自身のブランド化が進んできました。

これは何を意味するかといいますと、伝わりやすく読みやすく、価値のある情報を提供してくれるライターには価値が生まれ、その分、稼ぐことが可能になってくるということです。

かつての新聞記者のように高収入で社会的にも認められる職業となる時代ももう近いでしょう。

ライターはどれぐらい稼げる?

高収入といってもどれぐらい稼げるのかは、人によって大きく異なってきます。

当たり前です。

だから、スキルが必要となってくるのです。

ウェブライティングのスキルというのはこれから、どんどん必要とされる時代が来ると思われます。

もちろん、時代の変化なので、『必ず、こうなる!』といった確証はありませんが、インターネットが普及し、ある程度の時間がたったことにより、多くの人が認めざるを得なくなりました。

時代が変わる可能性は十分ある

一昔前までは、あまり良しとされていなかったユーチューバーですら、現在では、子供がなりたい職業ランキングで上位になり、ユーチューバーがテレビに出演するなど、多くの反響を呼ぶようになってきています。

このように、時代の変化により、ウェブライティングも必要とされ、確固たる地位を築き上げる可能性は十分にあります。

学生でもできる?

学生でもできます。

もちろん、大人とは異なり、言葉が幼稚になってしまうことを理由に文字単価が下げられてしまったり、就職経験がないことや働いたことがないことから、仕事の受注のやり方がわからないという人が多いので、割合は少なかったりしますが、それでも稼ぎ出す人はいます。

私もウェブライティングを始めたのは16歳の高校生でした。

はじめは全然稼げませんでしたが、現在では月2万円ほどは安定して稼ぐことができるようになりました。

全然高校生でも始められますし、バイトが禁止されているような学校に通っている方でもできる可能性があるので、校則をしっかり確認したうえで、大丈夫なのであれば、試した見るのもいいのではないかと思います。

仕事の受注に関しての知識を学生のうちから身に着けることは、とても大切だと思います。

興味のある方はすぐに始めてみることをお勧めします。

余談にはなりますが、大学生でもできる、バイト以外のお小遣い稼ぎについては他のページでも紹介しているので、興味がある方はそちらも覗いてみてください。

【簡単】学生でもお小遣い稼ぎができる?!ネット上でバイト感覚で仕事を始める方法!!

これまでも、学生が稼ぐためにはいろいろな商売が議論の対象となってきました。

例えば、『せどり』や『アフィリエイト』のようなものがあります。

もちろん、これらの商売で稼ぐことができる人もいるとは思います。

しかしながら、なかなか難しい世界です。

せどりは、ある程度の予算が必要となってきますし、アフィリエイトは初期投資は少なくても、サイト構築は若干難しいですし、ドメインの価値を高めることは難しくなってきます。

それに対して、ウェブライティングは楽に、稼ぐことができます。

自分の意見や体験などを書くだけでお金を稼ぐことができるようになっています。

なので、学生が何かを始めるのであれば、ウェブライティングはとてもおすすめのものになっています。

ウェブライターとして生きていくためには

ウェブライターとして生きていくためには多くのスキルが必要となってきます。

  • 読者の興味を引き付ける
  • SEO対策
  • 読者の購買意欲を高める

主に上記の3つが挙げられるでしょう。(ウェブライターとして大切だと思われるものを私の独断で3つ挙げたものなので、感じ方は人それぞれかもしれません。)

もちろん、これらだけではありませんが、大切なものを3つほど紹介させていただきます。

読者の興味を引き付ける

読者の興味を引き付けることはかなり難しいものです。

はっきり言ってしまうと、これができてしまえば、仕事に困ることはないでしょう。

テレビでもYouTubeでも、閲覧者が興味を必ず引き付けられるようなコンテンツを作り出し、それを発信することができれば、簡単に収益化を見込むことができます。

しかしながら、そんなに簡単なことではないことは、売れない芸人さんを見ていれば分かることでしょう。

他人の興味を引き付けることはかなり困難になっております。

すべての人に好かれることは無理

義務教育を受けていれば、すべての人に好かれることが不可能であるということはお分かりいただけるのではないかと思います(笑)

なので、ある程度、的を絞る必要があるでしょう。

的を絞るためには

まず、だれにこの記事やページ、サイトを閲覧してほしいのか、そして、そのような人たちのおかれている境遇はどのようなものなのかということを考える必要があります。

例えばですが、小学生向けの通信教材(進研ゼミやZ会の通信教育、スマイルゼミなど)を紹介するときに、80代の方向けに記事を作成する人はいないと思います。

このような記事を書くときには20代~40代の子育て世代に向けて発信したほうが良いということは明らかです。

その時に、説明のための例として、『うっせいわ』を歌っているadoさんのプロデュース戦略を出すのと、浜崎あゆみさんのプロデュース戦略を出すのだと、浜崎あゆみさんのプロデュース戦略を出した方がわかりやすく、なじみやすいと感じる人が多いのではないかと思います。

このように、ちょっとしたことでも、なるべく、読者の年齢層や境遇を意識しながら、書く必要があります。

境遇を意識するためには

急に『境遇を意識しろ』といわれても、難しいものです、しかしながら、普段から意識する癖をつけておけば、意外といざというときにもすんなりできるようになっていたりします。

友達やバイト先の先輩と会話を交わす時も少し意識してみましょう。

少しづつでかまいません。

きっと、あなたの中で何かが変わってくるのではないでしょうか。

SEO対策

SEO対策が何なのかを知らない人もいると思うので、少しだけ紹介しますので、もう知っている人は飛ばしていただいて構いません。

次の、『SEO対策はどれだけ重要か』という見出しのところまで飛ばしていただけると幸いです。

SEO対策とは

SEOというのは、英語で『Search Engine Optimization』,日本語にすると、『検索エンジン最適化』と呼ばれるものであり、名前の通り、検索エンジン(Google,Yahoo!など)の検索エンジンで上位に表示されるための対策だと思っていただければよいかと思われます。

現在、Yahoo!の検索結果はGoogleの検索結果と同じものが出てくるようになっているので、基本的にはGoogleの検索結果で上位に表示されることを意識することが必要となってくるでしょう。

SEO対策ががどれだけ重要か

SEO対策はとても重要になっています。

現在のウェブサイトではほとんどが検索流入となっていることから、特定のキーワードでどれだけ高い順位にできるかということが、PVを決定させてしまいます。

SEO対策のためにはかなり多くの手段がありますが、その中のいくつかを紹介させていただこうかと思います。

HTMLを理解する

HTMLというのはウェブサイトを装飾するためのプログラミング言語のようなものです。

ライターが、すべての知識を知っておく必要はないかと思いますが、それでもSEOを意識するためには、最低限の知識は必要となってくるものです。

HTMLの知識は独学でも十分身につきますが、オンラインスクールのようなものを利用してみるのも良いかもしれません。

私は、すべて独学で行ったのですが、やはり大変でしたね。

見出しの数を計算する

HTMLの知識がある程度身につくと、見出しの種類があることを学ぶと思います。

h1,h2,h3,h4といった見出しの大きさがあるのですが、結構多くの人が間違った使い方をしていたりします。

このような細かいこともSEO対策をする上ではとても重要なこととなってくるので、ライターとして、仕事をする上ではしっかりとした知識が必要となってきます。

文字数を意識する

文字数もSEOには大きく影響を及ぼします。

基本的には文字数が多い方がいいのですが、3000文字×3記事と9000文字×1記事のどちらが稼げるのかは人や内容によって大きく異なってくるので、もしそのような疑問を持ったのでしたら、スクールで質問をされることをお勧めします。

プロのライターが質問に答えてくれれば、まず間違いないです。

質問するときは、自分が書いている記事の内容やどのような形で収益化をもくろんでいるのかをしっかりと明示するようにしましょう。

その方が、講師の方も回答が楽になり、その上、的確なフィードバックが返ってくるので、

ユーザーの滞在時間を意識する

SEO対策にはユーザーのサイト滞在時間も大きく影響してきます。

もちろん時間が長い方がいいのですが、サイト内にアフィリエイトリンクを付けていたりすると、そのリンクから飛んでもらわないと収益化できないので、ここも難しいところです。

アフィリエイトリンクに誘導したいのですが、上に張ってしまうと、記事を読む前に飛ばれてしまい滞在時間が短くなってしまう恐れがあるので、どちらを優先するかということも講師の方に質問してみるといいかもしれません。

読者の購買意欲を高める

ライターとして稼げるようになるためには、ある程度、商品の紹介ができるようになっておいた方がよいものです。

特にアフィリエイトをはじめようとしているのであれば、なおさらです。

購買意欲を高めるという点に関しては、ウェブの知識やHTMLの知識はほとんど必要ないでしょう。

主にライターとしての能力だけで大きく左右されるものとなってくるのではないかと思います。

この読者の購買意欲を高めるためには、独学では厳しいと思うので、このようなことを学べるスクールに通うとかなり近道ができるのではないかと思います。

私自身、いろいろなアフィリエイトサイトを作ってきましたが月に1万円ほど稼げるようになったのはここ数か月となっています。

以前では、一切稼げていなかったことを考えると、何かしらのスクールに通うことはお勧めできることなのではないかと思います。(KWスクールにはいくつかのコースがあるようなので、しっかりと調べてから学ぶことを決めて、入ることをお勧めします。今紹介したのは、ウェブライティングをしていくうえで私が大切だと感じたことを紹介しているので、KWスクールに通うことによって必ずこれらの知識を習得できるということではありません。何度も申し上げますが、しっかりとご自身でお調べになってからご入会ください。)

これらの知識を学ぶためには

これらの知識を学ぶためには、ライタースクールに通うことをおすすめします。

一人で独学で行くことも素晴らしいことですが、時間がかかりすぎる可能性があります。

実際、私自身、独学で行ったところ、月2万円稼げるようになるまで4年ほどかかりました。

あなたも、月2万稼げるようになるために4年も掛けますか?

あまり効率がいい時間の使い方とは言えませんよね。

なので、もし可能なのでしたら、スクールに通いましょう。

ウェブライターに必要な道具

ウェブライターに必要な道具としては以下の3つが挙げられるでしょう。

  • パソコン
  • インターネット接続環境
  • 書ききる気合

必要なものといいましたが、現在では多くの人が保有しているであろう『パソコン』と『インターネット接続環境』と感情である『書ききる気合』となっています。

パソコンはメモリ(RAM (Random Access Memory))が4GBあり、Wordが使えれば十分納品が可能です。

もし、Wordが使えないmacbookを利用していたとしても、仕事を受注するときにしっかりと話し合えば十分でしょう。

しかしながら、文字や文章を編集するソフトを別で準備しなくてはならないので、それだけは少しだけ手間かもしれないので、もし、パソコンを持っていないようでしたら、WindowsでWordを利用することができるものをお勧めします。

また、インターネット接続環境に関しましても、そこまで凝ったものは必要なく、YouTubeが見れるぐらいで十分となっています。

最後の書ききる気合が最も大切かもしれません。

どんなに知識や技術があったとしても、書ききって納品できなければ報酬を獲得することはできませんので、もし、あなたが、本気でウェブライティングをはじめようと思うのでしたら、書ききる気合だけは忘れないようにしてください。

それさえあれば、基本的には大丈夫です。

基本的にはこれらがあればすぐに活躍するチャンスがあるのがウェブライターの世界なので、皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

KWスクールがウェブライティングをお勧めする理由

KWスクールがウェブライティングをお勧めする理由としては、以下の3つが大きく紹介されていたので、そちらを紹介しておこうと思います。

  • どこでも好きなように働ける
  • パソコンが苦手でも大丈夫
  • センスや才能はいらない

このような仕事にあこがれを持つ人も多いのではないでしょうか。

この特徴がありながら、高めの報酬を得ることができ、やればやるだけできるのがウェブライターのいいところでしょう。

KWスクールでは初月5万円稼ぐことも可能

KWスクールでは初月から5万円稼いでいる人もいるようです。

「ライティングで稼ぐのは難しい」と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。
ライティングの仕方には一定の「型」があるので、その型に沿って書くことで、誰でもある程度は上手な文章が書けてしまいます。
「型」さえ覚えてしまえば、誰でもしっかりした文章を書くことが可能です。
ちなみに、初月で5万円以上稼いでる人もいます。

https://xhaov.hp.peraichi.com/より

私はライターとしての活動を始めたときは1か月9万文字ほど書いていたのですが、それでも150円しか稼げませんでした。

独学でやるとこんなことになってしまいます(泣)

ライターに慣れれば、パソコン1台で簡単に数万円を稼ぎ出すことができるので、ぜひ、これを機会にご参加ください。

KWスクールとライターのまとめ

ライターとしてお小遣い稼ぎをするのは意外と簡単だったりします。

しかしながら、正しい知識がないと、5000円の収入のところを1000円まで値切られてしまったり、1000円程度のライティングのスキルがないとみなされてしまう恐れがあります。

折角、労働をするのであれば、なるべく高い賃金で働きたいですよね。

できる限り近道をする上でもKWスクールにかようことはとてもおすすめとなっています。

ウェブライターというお仕事も面白いので、興味が出ましたら、ぜひ、ランサーズやクラウドワークスなどで、活動してみてはいかがでしょうか。

意外とすぐに報酬が発生するので、隙間時間とかでも活動ができるようになっています。

時間があるであろう夏休みや春休みには、いろいろ試してみてください。

Author: haruto