【NFTは儲かるの?】最近話題のNFTについて解説します!

今となっては、NFTという名前を知らない人はとても少ないのではないかと思います。

ということで、今回は、そんな、最近話題となっているNFTの情報と儲かるかどうかということについて解説していこうと思います。

NFTとは

NFTというのは、non-fungible tokenの略であり、日本語にすると、非代替性トークンというものです。

聞いた感じ、かなり難しいように聞こえますが、内容だけなら、素人でも理解できるぐらい簡単なものなのです。

非代替性トークン、つまり、これまでのインターネットの画像はスクリーンショットをしたり、ダウンロードしてしまえば、簡単にコピーが作られてしまいます。

そこで、このNFTを利用すると、所有者がはっきりするのです。

なので、コミュニティの入場チケットのようなものにも利用されることがあるそうです。

不正がしにくく、管理がしやすいことから、これからの時代にとても価値のあるものと考えられ、多くの投資家が資本を入れて盛り上げようとしています。

アートとの関係性

NFTはアートとも関係しています。

所有者がはっきりしていることから、

『この価値のある芸術作品が誰のものであるのか』

ということがすぐにわかります。

これにより、多くのアートがNFT化されてきています。

有名なNFTアート

NFTアートとして有名なのが、村上隆さんの作ったアートだと思います。

彼が作り出した『Murakami.Flowers』というアートはオークションに出品されて、とても話題になりました。

NFTを知らない人でもこれに関しては知っているなんて人もいたりするぐらいです。

NFTは難しい?

NFTは難しいように考える方も多いですが、実はそこまで難しいものではありません。

もちろん、NFTの仕組みをしっかり構築してくれた技術者は尊敬に値し、素晴らしいことは間違いないと思いますが、この仕組みを利用すること自体は大変なものではありません。

たとえ、芸術家であったも、文学者であっても、利用しようという意思がございましたら、おそらく使えると思います。

NFTを始めるには

NFTを始める方法はいくつかあります。

基本的には、ある程度の知識を必要とするので、少しは勉強したほうがいいかもしれませんが、現在ではネットが普及したこともあり、かなり簡単に始めることができるようになっています。

もし、あなたが、少しでも興味を持っているのでしたら、今すぐ始めることをおすすめします。

まず、こちらの記事を呼んでいただけると、NFTの始め方がわかると思います。

【最新】NFT転売のやり方・始め方【実例も公開します】

こちらの記事では、実例を含めたやり方及び、始め方を解説してくれているので、かなりわかりやすいものとなっているのではないかと思います。

NFTアートの作り方

NFTを始めて、それなりにいろいろなものを見ながら、どういったものがあるのかということに気づいたら、今度は、自分でNFTアートを作りたいと考え始める方も多いのではないかと思います。

実はNFTアートを始めることも、素人にもできます。

作り方は、始め方よりは少し大変かもしれませんが、それでも頑張ればできます。

ここで大切となってくるのが、やり切る力になってくるでしょう。

やり方は、売れる芸術作品を作るよりも簡単で答えがあります。

【簡単】NFT作品の作り方を解説!初期費用やおすすめアプリも紹介

難しいかもしれませんが、頑張ってみてください。

NFTアートを作っても売れない理由

NFTアートを作ったり購入したりしても、そのまま持ち続ける方は少ないのではないかと思います。

そこで、ある時には売ることになると思います。

しかしながら、いざ、売り出してみると全然売れないなんてこともあります。

売れない理由は色々あるとおもますが、考えられる理由が書かれている記事があるので、そちらをご覧になって少し考えてみるといいかもしれません。

【NG】NFTアートが売れない理由5つ【売れた事例から学ぶ】

NFTのまとめ

いかがでしたか?

NFTアートについて、色々と知ると面白いでしょう。

でも、どうせなら、少しだけでも参加してみるのもいいのではないかと思います。

やってみてください!

Author: haruto