【注目】尾崎豊がかけているサングラスはこれだ!!尾崎のライブやMVのサングラス!

(画像出典元:Pinterest)

尾崎豊といえば『若者のカリスマ』と呼ばれたミュージシャンですが、そんな尾崎氏は多くの場面でサングラスをかけていました。

ということで、今回は、そんな尾崎豊氏がかけているサングラスがどこ製の何という商品なのかということについて書いていこうと思います。

はじめに

(画像出典元:楽天アフィリエイト)

尾崎豊氏という方がどういう方なのかということについて少しだけ話しておこうと思います。

なので、『そんなことはもう知ってるわ』という方は、次の見出しまで飛ばしていただいても構わないと思います。

尾崎豊氏は、ロックとフォークソングをメインに歌っていたシンガーソングライターであり、1980年代から活躍し始めて、若者のカリスマといわれるほど、若者からの指示が強い曲を多く書いていました。

先ほども書いたように、反抗反発についての歌詞が多いため、高齢者には受け入れられないことも多かったようであり、テレビでは、批判されることさえもありました。

基本的な情報は以下の通りです。

尾崎 豊(おざき ゆたか、1965年11月29日[1] – 1992年4月25日[1])は、日本のシンガーソングライター。青山学院高等部中退[1]。血液型B型[2][3][4]。身長178cm。既婚。

Wikipedia-尾崎豊より

当時の青山学院大学の付属高校である、青山学院高等部はとても偏差値が高く、優等生とされる生徒が多かったようです。

そんな中、尾崎豊氏は、多くのものに疑問を持つ学校生活を送っていたようです。

在学中の16歳の時にソニーのオーディションを受けて、そこで、浜田省吾氏のディレクターも務めていた、のちのプロデューサーとなる須藤晃氏に出会います。

1983年12月、シングル「15の夜」とアルバム『十七歳の地図』で高校在学中にデビュー。ライブでのパフォーマンスや、夢や愛、生きる意味をストレートに曲にしていた。1992年、26歳にて死去し、メディアにて連日報道がされた[注釈 2]。死後20年を過ぎてもなお尾崎は幅広く支持され、楽曲は多くのアーティストにカバーされている。ジャクソン・ブラウン、ブルース・スプリングスティーン、ビリー・ジョエル、浜田省吾、佐野元春、井上陽水、アナーキー、甲斐バンド、さだまさしなどから強い影響を受けている。

Wikipedia-尾崎豊より

それでは、さっそく本題に入っていこうと思います。

尾崎のサングラス

そもそも、尾崎氏はサングラスをかけているときと書けていないときがあり、ライブ中は外していることが多かったりするので、一応付けている動画を下に乗せておきます。(1987年当時21歳の尾崎豊氏)

動画の33秒と43秒に尾崎豊氏がサングラスをかけているのが見れます。

また、以下の動画では、基本的にサングラスをかけ続けていますね。

また、写真でも、サングラスをかけているものはあります↓↓

どの写真を見ても同じサングラスをかけているようにも見えます。

では、このサングラスは、どこのメーカーのものなのかということなのですが、おそらく、これです。


このサングラスは、かなり有名なもので、16000円程するものです。

Ray-Banというサングラスのメーカーが出している商品のようで、商品名は『RB2140F 901 52 / ブラック

こちらは楽天で購入できるものになりますが、アマゾンでも同じような商品が販売されています。

[レイバン] サングラス 0RB2140F WAYFARER 901 G-15 GREEN 52です。

結構大きいサングラスですね。

少しだけレイバンについて触れておくと、レイバンはもともとはアメリカの会社で、現在はイタリアに売却されたブランドのようです。

レイバン は、サングラス、メガネを展開するグローバルリーディングブランドである。 1937年にアメリカ陸軍航空隊の委託でアメリカの企業ボシュロム社 が創立した。1999年に、ファッションブランドのアイウェアを扱うイタリアのルックスオティカ に売却され、現在はルックスオティカグループの主力ブランドである。

Wikipediaより

このサングラスは、実は尾崎豊さんが尊敬している浜田省吾さんもかけているサングラスです。

あわせて読みたい↓↓

もしかしたら、影響を受けたのかもしれませんね。

尾崎豊と浜田省吾のサングラスを探す

まとめ

いかがでしたか?

私は尾崎豊さんと浜田省吾さんが同じサングラスをかけていたことには驚きましたが、皆さんはどうだったでしょう。

尾崎豊さんのプロデューサーの須藤晃さんは、浜田省吾さんのディレクターをしていたこともあるので、もしかしたら、そこからつながったのかもしれませんね。

大学生新聞ドットネットでは他にも多くの記事を更新しています。

興味がある方は、そちらも読んでみていただけると嬉しく思います。

大学生新聞ドットネット記事一覧

Author: haruto